Flame
   JAPONISM/JAPAN

テーマは「日本的モダン」、世界に誇る日本の美と世界水準の生産技術を融合させた“ジャポニスムJAPONISM”。高品質、フレームそのものの存在感、デザインだけで終わらない機能性と実用性、さらに遊び心をエッセンスに「機能が自然な形状に内包されたフレーム」それが“ジャポニスムJAPONISM”です。
ブランド名は19世紀末、日本美術が西洋美術、欧州ファッションなどに影響を与えたムーブメント“ジャポニスム”に由来しています。
 

Theo/Belgium Antwerp

1989年ベルギーのアントワープで誕生。ベルギーの奇才パトリック・フートのデザインによるユーモラスだが知的で凝ったデザイン。メガネだけが目立つのではなく、その人の顔の一部になりきることをテオのアイウエアは目指しています。アイウエアは顔の前にのせるのではなく、顔立ちの中にあわせるもの。テオはかけることで、それぞれのパーソナリティーを引き出してくれます。
 

ANNE et VALENTIN/France

アン・バレンタインが目指すものは、ひとりひとりの望みや期待に耳を傾け、ともに個性をはぐくむこと。すでにあなたが持っているもの、すなわち「あなたらしさ」をひきだすデザインを心がけています。計算されたデザインと色と素材から生まれるアイウェアで、あなたの表情を印象深く、いっそう美しくひきたてること、それが私たちの願いです。アン・バレンタインのアイウェアをまとうことで、ありのままの自分を演出してくれます。
 

MYKITA/Germany

マイキータ コレクションは、特許を取得した斬新かつ機能的、柔軟性のある ヒンジを特徴に持つコレクション。フレームは厚さ0,5mmのステンレスシートを折りたたむようにして立体的に。驚くほど軽く快適なだけでなくあらゆるユーザーに抜群のフィット感をお届けします。洗練されたアウトラインを持ち、まるでオーダーメード・スーツのように顔にぴたりとフィットし、近未来的なスタイルを演出します。
 

MARKUS T/Germany

マルクスティーは、1998年に、北ドイツの田舎町・イッセルホルストでスタートした同ブランドのルーツは、ネジやロー付けを一切用いない革新的なメガネ。”シンプル”、”軽量”、”堅牢”というワードをデザインコンセプトに掲げ、今日まで機能美に秀でたハイクオリティーなプロダクトを提案し続けています。 完全な計算の下に生み出されるフレームは、国際的にも高い評価を獲得しており、シルモドールのグランプリを獲得し、注目される存在となっています。
 

Silhouette/Austria
 
シルエット ミニマルアートは、余分なものを削ぎ落とし、必要不可欠なものに光を当てる事で、お客様が本来お持ちになっている魅力を引き出す…。
“Less is more”ー「より少ない事はより豊かな事」“ミニマリスティック=簡単なもの”になるのではなく、その先にある本質を見据える事、それがシルエット社の目指すスタイルへのこだわりです。

 

ROBERT MARC/U.S.A

ロバート・マークはNYのデザイナーで、シンプルだが非常に知的で洗練されたデザインが注 目を集めています。コレクション全体に通じていることは、非常に美しく統一されたデザインであること。テンプル付け根のシンプルなマークがコレクションのアイデンティティーを主張しています。著名人顧客として、ニコル・キッドマン、ロッド・スチュアート、シャロン・ストーン、マドンナ、ヨーコ・オノ、ユマ・サーマンetcなど多数の俳優、ミュージシャンに支持されています。

  Lenz 
  HOYA/JAPAN

We Care about your eyes. ~いつもあなたの眼のために~
メガネレンズは目にならなければならない。だから、かけてることを忘れるほど、視界は快適でなければならない。そうなって、はじめてメガネと呼べる。その揺るぎない哲学は、HOYAが提供するメガネレンズに携わるすべての人の胸に熱く刻まれています。
 



KodaK偏光レンズ/U.S.A

コダック眼鏡レンズの開発は、シグネットアーモライトが取り組んだ時の最初のテーマでした。写真フィルムの分野に、生かされている無尽蔵のコダック光学技術、その中より偏光フィルムと眼鏡レンズを融合する事に困難はありませんでした。我々を取り巻く空間視界には、偉大な“光”の恩恵を受けていながら、人間が持ちえる目の機能でカバー出来ない乱反射が存在します。この乱反射を取り除く技術こそコダックのカメラフィルムの先端テクノロジーです。

   Glasses holder
  La Loop/U.S.A

この新しいタイプのグラス・ホルダーを考案したのはデビーゾラスとエリザベス・ファラートの2人。半貴石やヴィンテージビーズ、シェルやレザー、シルバーなどの素材を使い胸元でアクセサリーとしてアイウェアを携帯できます。単純にチェーンにリングが取り付けてあるのではなく、リングには回旋する丁番を2つ設ける(特許取得)ことによって、アイウエアが回転してしまうことを防ぎ、安定した状態で首から下げておける様に作られています。セレブな方々に愛されるグラスホルダーの「TOPブランド」です。

 



メールでの
お問い合わせ





 
公益社団法人日本眼鏡技術者協会は「認定眼鏡士」を認定・教育する厚生労働省認可の公益団体です。安心してメガネをお作りいただくために、眼鏡業界の技術水準向上を図り確かな知識と技術で快適なメガネを提供します。
メガネを作るなら信頼のおける日本眼鏡技術者協会認定眼鏡士のいるめがね工房Glasscoでどうぞ。
 
有限会社 メガネの吉川
〒624-0841
京都府舞鶴市引土 290-7

TEL 0773-75-2512
FAX 0773-77-5045
営業時間 AM9:30~PM7:00
定休日 火曜日
駐車場完備
本文へスキップ


電話でのお問い合わせは
TEL.0773-75-2512

〒624-0841 京都府舞鶴市引土290-7